韓国 韓国語

【韓国語勉強メモ】네가(君が)と내가(私が)は同じ読みのはずなのに発音が全く違う理由

  1. HOME >
  2. 韓国 >

【韓国語勉強メモ】네가(君が)と내가(私が)は同じ読みのはずなのに発音が全く違う理由

네가と내가は元々厳密には発音が違うらしい?

韓国語の歌詞や韓国人の会話を聞いていると、네가はニガ(니가)、내가はネガと発音していますよね。

これを聞いた韓国語勉強中の私は「あれ?どっちもネガって読むはずだよね?なんで違うんだろう」と疑問に思いました。

現代では、どちらも同じように発音しますが、厳密にいうと元々の発音がそれぞれ違うようです。

ハングルが違うので考えれば当たり前なのですが…。

ただ、この2つについては韓国人でも発音の違いが分からないくらい発音を聞き分けるのが難しいみたいなんですね。

混乱を避けるために네가(ニガ・니가)と発音

2つの発音が似すぎているため、現代の若者はほとんど聞き分けることができないらしく、「君」なのか「私」なのか混乱しないようにあえて네가をニガ・니가と発音するようになったようです。

なので、네がニと発音するのではなくこの場合だけの特別な発音の仕方であると覚えておくと良いと思います。

 

-韓国, 韓国語
-,

Copyright© 在宅ライフメモ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.