webライター

Webライターとは?未経験でも在宅で月20万円以上稼げる夢のある仕事

  1. HOME >
  2. webライター >

Webライターとは?未経験でも在宅で月20万円以上稼げる夢のある仕事

「人間関係に悩んでいて内職や在宅ワークに興味がある」

「副業として手軽に始められる在宅ワークを探している」

「それなりに稼げる副業を知りたい」

こんな人におすすめの在宅ワークがwebライターです。
家でそれなりに稼げて、学歴を気にする必要もありません。
今では中学生でもwebライティングでお小遣いを稼いでいます。

この記事では、webライターとは具体的にどんな仕事をする職業なのか、そして最低限用意しなくてはいけないものや未経験でも稼げる理由などを紹介していきます。

webライターとは読者に伝わる文章を書く職業

日常で気になることや疑問に思うことがあった時、あなたならどうしますか?

周りの人に聞く人もいるかもしれませんが、多くの人はネットで検索すると思います。

例えばwebライターの仕事内容が知りたかったら「webライター 仕事内容」というように検索しますよね。

その時に一覧に出てきたこの記事を書く仕事がwebライターです。

 

ネット上にあるほとんどの記事はwebライターが書いたものになります。

クライアントから「こんな記事を書いてくれ」と頼まれたものを読者に分かりやすく記事にするのが仕事。

そして、1記事当たり○○○○円、1文字あたり〇円というように決められており、記事を納品すると報酬が支払われます。

仕事受注から報酬支払までの流れ

では、具体的にどのような流れでwebライターが仕事を行っているのか、解説します。

初心者の場合と中級者以上の場合とで少しだけ仕事の流れが異なるので、順番に紹介しましょう。

初心者webライター

まずは初心者の場合。

webライター初心者・入門者のうちは個人で仕事を獲得するのが難しいため、クラウドソーシングというサービスを介して仕事のやり取りを行います。

実績がついてくると、こちらから営業を行わなくても自然とお仕事をいただけるようになってきます。

クラウドソーシング

  1. 案件に応募(提案文の作成)
  2. テストライティングの執筆⇒納品
  3. 合格の場合:テストライティング報酬支払⇒本契約成立
    不合格の場合:テストライティングの報酬が支払われ終了
  4. 本契約の記事執筆⇒納品
  5. 修正点がある場合:差し戻し、修正後再度納品
    修正点がない場合:報酬支払い

中級・上級webライター

ある程度実績がついてくれば、クラウドソーシング以外でもお仕事をいただけるようになります。

ブログやTwitterなどから、依頼が舞い込むようになれば中級webライターといってもいいのではないでしょうか。

直接契約

  1. ブログやTwitterを経由して依頼される
  2. 記事執筆⇒納品
  3. 修正点がある場合:差し戻し、修正後再度納品
    修正点がない場合:報酬支払い

webライターの仕事範囲

また、webライターの仕事範囲には以下のようにいくつかの段階があるのですが、この仕事範囲が広くなればなるほどその分報酬も多くなる傾向にあります。

  • キーワード選定
  • 構成作成
  • 記事執筆 ←level1
  • 画像挿入・装飾、入稿

最初の内は記事執筆のみの案件を探して記事を書くことに慣れることから始めます。

記事を書くことに慣れたら構成を作る仕事にも挑戦してみる、次は画像挿入・装飾、入稿、キーワード選定というように徐々に業務範囲を広げていき、より多くの報酬を獲得できるようにしていくことが重要です。

また、記事を執筆するうえでSEO(Search Engine Optimization)についても理解しておくと良いのですが、これについては専門性が高く長くなりそうなので別記事で解説します。

webライターの年収は低い?

在宅ワークだから大して稼げないんじゃないの?と思っている人ももしかすると多いかもしれません。(私の母がこの考えです)

しかし、在宅ワーク=稼げないというのは間違いで、在宅ワークでも稼いでる人はめちゃめちゃ稼いでます。

私はまだ月20万円ほどの稼ぎですが、Twitterを見てみると月100万なんてザラにいますしまだまだ伸びしろがある職業だなと思うんです。

実際の平均年収はどのくらいなのか紹介します。

webライターの平均年収は300万

webライターの平均年収は300万円程度と言われています。

が、実際には稼いでる人と稼いでいない人とでかなりの差があるはずです。

私もそうだったのですが、特に最初の慣れないうちは仕事をとるのも大変なため、月5万円稼ぐのもやっと。

しかし、慣れてくれば(実績が増えてくれば)サラリーマンよりも稼げるようになるのがwebライターという仕事です。

時給いくらとかではなく、スキルの高さによって報酬が決まる世界なので中々に夢のある仕事だなと個人的には思います。

スキルアップで月収100万円も夢じゃない

さきほども言ったように、webライターという仕事はスキルによって報酬が上がったり下がったりするものです。

スキルアップによって月収100万円も夢ではありません。

私も報酬の高い仕事が受けられるようにと、「薬事法管理者」の資格を取得しスキルアップを図っています。

(>>薬事法管理者とは)

薬事法管理者だけでなく、FPや宅建など特定のジャンルに生かせる資格を持っていれば報酬の高いライティングにも挑戦できるので、時間があればそういった資格の取得に挑戦してみるのもおすすめです。

スキルアップにおすすめの資格一覧

  • 薬事法管理者
  • コスメ薬事法管理者
  • FP
  • 宅建

また、現在こういった資格をすでに持っているのであればライティングの経験がほとんどなくても高単価の仕事を受注できる可能性が高いので、是非挑戦してみてほしいですね。

webライター未経験でも十分稼げる理由3つ

未経験で始めて本当に稼げるの?と思っている人もいるかもしれません。
私自身も現在月20万前後稼いでいますが、始めたときはここまで稼げる職業だとは思っていませんでした...。

未経験でも十分稼げる理由を私の経験から紹介したいと思います。

ほとんどの人が未経験からスタートしている

webライターのほとんどの人は未経験からのスタートです。
記者や編集者などの仕事を経験してからwebライターに転向したという人も少なくありませんが、その割合は微々たるもの。
スタート地点はみんな一緒なので最初こそ大変かもしれませんが、ある程度の実績を積めば十分に稼げるようになります。

需要が増えてきている

webライターの需要自体が増えてきており、未経験でもwebライターは重宝されます。
とにかく案件数が多く出回っているので自分に合った仕事を見つけることができるはずです。

最低限のマナーが守れていない人が意外と多い

在宅ワークとはいえ、クライアントとやりとりするうえで最低限のマナーは守らなくてはいけません。
しかし、意外とこのマナーが守れていない人が多いのです。

  • 納期を守る
  • 返事は迅速に
  • コピペは絶対NG

これを守るだけでも周りと差別化ができるため自然と仕事を取りやすくなります。

 

webライターの始め方は意外と簡単!必要な道具はたったこれだけ

webライターは最低限の道具さえそろっていれば今すぐにでも始められます。

webライターに必要な道具

webライターの仕事を始めるために必要な道具は以下の2つ。

  • スマートフォン
  • PC

たったこれだけです。
最低限これさえあれば今この瞬間からwebライターを始めることができます。
仕事の効率を上げるために揃えておくといい道具はありますが、それは別記事でご紹介します。

まずは実際に始めてみて、少し効率を上げたいなと思ったらぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

webライターの始め方【クラウドソーシングサイトを使う】

未経験から始めるのであれば、最初はクラウドソーシングサイトを利用しましょう。

クラウドソーシングサイトとは

  • 仕事を依頼したいクライアント
  • 仕事を受注したいワーカー

がマッチングできるサイトのこと。

代表的なサイト①クラウドワークス

 

私がメインで利用しているサイトがこの「クラウドワークス」です。
案件数も豊富にあり、仕事が探しやすい印象があります。

 

代表的なサイト②ランサーズ

 

こちらの「ランサーズ」は、プロのwebライターが多い印象です。
案件数もクラウドワークスに劣らず豊富。

webライターに最低限必要な知識とは

簡単な仕事だと紹介してきましたが、正直pcを一度も触ったことのない人がwebライターを始めようとしても難しいです。
最低限必要な知識を抑えておかなければいけません。

基本的なPCスキル

webライターの仕事は基本的にPCで行います。

検索の仕方もわからない、ファイルとフォルダの違いも分からないというのであれば、まずは最低限スムーズにパソコンを使えるように勉強したほうが良いかもしれません。

ブラインドタッチ(画面を見ながらタイピングする)ができるようになる必要はありませんが、どこにどのキーが配置されているのかを理解してスムーズにタイピングできるようにしておくのがおすすめです。

タイピングの速さが記事の仕上がりにかかる時間にそのまま影響すると言っても過言ではありません。

タイピングの練習に関してはさまざまな方法がありますが、ネット上で楽しくタイピングの練習ができるサイトもたくさんあるので、そこで1日5分からでも練習してみるといいと思います。

タイピングの練習におすすめのサイト

正確な情報を集めるスキル

記事に間違った情報を書いてしまうとその後のライティングのお仕事にさまざまな悪影響を及ぼしかねません。

調べた情報が間違えていないか、正確な情報なのかをしっかりとリサーチし集めるスキルが重要です。

ネットにある情報すべてが正確な情報とは限らないため、一次情報(オリジナルの情報、政府からの公的な情報など)をしっかり確認するようにしましょう。

コミュニケーションスキル

webライターは基本的にクライアントとコミュニケーションをとりながら記事を執筆します。

その際に、クライアントの考えをしっかりと読み取るコミュニケーションスキルが重要です。

私自身、そこまで人とのコミュニケーションが得意なわけではありませんが、最低限社会人としてのマナーが備わっていればそこまで難しくありません。

 

まとめ:webライターに挑戦してみよう

webライターは文章力の高い人でないとできない仕事だと思い込んでいる人も多いかもしれません。

確かに、ある程度の文章力は必要ですが私自身作文などはそれほど得意ではありませんでした。

しかし、経験を重ね徐々に慣れてくるとクライアントさんに「読みやすい文章ですね」と褒められるまでになったのです。

私のこの経験から言えることですが、最初から完璧である必要はありません。

記事をたくさん書いているうちに自然と文章力は身につくので、まずは臆することなく挑戦してみることが大切です。

あなたも是非チャレンジしてみてくださいね。

-webライター
-,

Copyright© 在宅ライフメモ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.